カローラを売るときに考えること

カローラ 売る

最近の車を売る際に非常に大切になってくることとして、より需要の高い時期のタイミングを見計らうことが重要になってきます。

特に需要が高いときには欲しがる人がとても多くなってくるため、自然と売却価格も上昇していきます。

カローラ 売る

逆に需要が少なく供給が多い時期には売却価格も下がっていく傾向にあるため、注意しておく必要があります。

このような経済の自然の動きをしっかりと見極めることがとても大切になってくるため、タイミングを間違えないようにする必要があります。

カローラ査定

そこで、人気が高い車種としてカローラを売る際に考えることについて見ていくと、先ほど説明した経済の自然の流れで、需要が高い時期にというのがカローラの新車が販売される前などは現在の車種が非常に貴重な存在となってくるため、供給が追いつかずに自然と高くなっていく傾向にあるため、売却タイミングとしては良いタイミングになってきます。

カローラ買取

逆にカローラの新車が販売される頃には、新車を購入する人が多くなってくるため、自然と需要は減っていき、売れないため、供給量も増えてくるので自然と価格は下がっていくので売るタイミングとしては不適切なタイミングになってくる可能性が高く避けるべき時期となります。

車売るならここ!一括車売却会社紹介

ズバット車買取比較
ズバット車査定

http://www.zba.jp/

ズバット車査定 車売却
かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイドその特長

http://a-satei.com/

かんたん車査定ガイド 車売却
カーセンサー.net
車売却 カーセンサー

http://kaitori.carsensor.net/

カーセンサー 車売却
カローラがランキングで人気のワケ

プリウスやアクアの影であまり目立たない存在ですが、トヨタ車が誇る大衆車のカローラも、実は好調なこの2台に続く形で売れています。

カローラは33年間の間国内販売台数第一位を続け、世界販売台数でも第一の記録を持っているなど、地味な存在でありますが、実は人気が高いクルマなのです。

カローラ 人気

カローラの人気が高いワケは、第一にやはりネームバリューの高さがあります。しっかり作られているという安心感があり、耐久性も非常に高いのが特徴です。

二つ目に、派生車が多く存在していることです。たとえば、今でも名車として人気が高いレビンは、カローラの派生車でした。

現行モデルでは、ワゴンタイプのフィルダーがよく売れています。

ターゲットを若い世代に絞り、価格を低く設定しているのも人気の秘密と言えるでしょう。

カローラ ワゴンタイプ

そして、多くの人が待ちに待っていたハイブリッドカーが加わったことも好調な売れ行きの要因となっています。

マイナーチェンジにより、トヨタ車共通のキーンルックと呼ばれる大型のラジエターグリルとシャープなヘッドライトが与えられてカッコ良さが増した上で、燃費の良いハイブリッドカーまで加わったのだから、よく売れるのも当然かもしれません。

フィルダーはリセールバリューも高いです。

中古車売却の基本:カローラの高額売買を実現させるために

運転のしやすさやコストパフォーマンスの高さから特に若い世代に人気を集めているカローラですが、中古車市場では供給が多いため、人気の高さの割に高額売買が難しい車種であるといえます。

そのため、中古車売却をする場合、しっかりと売却の時期を見極めることが高額売買を実現させるために重要です。

カローラ 高額売買

まずいつまでならば高額査定がつけられるのかというポイントが購入から6、7年後あたりになる3回目の車検前とです。

これ以降は、中古車市場での価値が下がっていくとされ、査定額も大幅に下げられてしまいます。

またどれだけ早めに売却を決めたとしても走行距離によっては高額査定がつけられないケースもあります。

査定が下がるラインの目安は、走行距離50,000kmを超えたあたりとされていますので、頻繁に仕事や趣味で長距離ドライブをしているような場合、購入からまだ3年程度でも価格下落ラインを越えてしまうことがありますので注意しましょう。

カローラ 売却のタイミング

基本的に上記の2つのポイントを踏まえた上で売却するタイミングをはかれば、高額売買を実現することが出来るはずです。

ただし、当たり前ですが日頃からメンテナンスなどを行っているようなカローラの場合は、減額されてしまうこともありますので、いずれ売却することを考えているのであれば、メンテナンスをきちんと行って大切に車を扱うようにしましょう。

▲ページトップに戻る