キズが修理したほうが良い?

買取店やディーラーに車売る場合、まず査定をしてもらい、そのクルマの状態を調べて買取価格を算出してもらいます。買取価格は車種や年式、走行距離などによって大きく異なります。中古車の価格は新車価格とは関係なく、需要と供給によって決定されるので、人気がある車種ほど高く車売ることができます。また、同じ車種でも年式が新しく、走行距離が短いほうが査定額も高くなります。さらに、同じクルマを査定した場合でも、買取店によって買取価格が大きく違ってくることもあります。そのために少しでも高く売りたい場合は、いろいろな買取店から査定してもらい、買取価格を比較する必要があります。
車売る キズ
ところで、ボディや車内にキズがついてしまった場合、査定に影響を与えるのでしょうか。当然、それはマイナス査定の対象になってしまいます。できるだけきれいな状態であることが高額買取には重要です。では、少しでも高く車売るために、そのキズを修理してから査定したほうが良いのでしょうか。修理に関しては自分できれいに修復できる場合は、修理したほうが良いですが、プロの業者に依頼する場合は修理代が発生してしまいます。その修理代のほうがマイナス査定分より高くなってしまうことが多いので、プロに修理を依頼することを考えているなら、キズが付いたままで査定したほうが良いでしょう。

高く車を売る場合の気になるキズの話でした

▲ページトップに戻る