走行距離と査定額の関係

走行距離と査定額の関係

自動車売却する時には誰しもが願うことはひとつで、できるだけ高く買取をしてもらいたいと思うものです。

そこで、自動車売却をする時に満足の行く価格で買取をしてもらうためには、査定を受ける際にどのような部分で査定額が変わってくるのかを知る必要があります。

走行距離と査定額

車を売る時に特に重要な要素となるのが、走行距離で当然走っている距離が短ければ短いほど金額はプラスになり、逆に距離が伸びれば伸びるほどマイナスになります。

そして、特に大きく減額されてしまうのが10万キロ前後となるのです。

日本の車というのは大変頑丈で、10万キロ乗っても性能的に全く問題がないのですが、消耗部品を交換する時期になってくるだけにそれらの修理をすると大きなお金がかかってしまいます。

10万キロ車売る

そのため、そのような修理費がかかる可能性のある車というのは人気がなく、査定額もガタッと落ちてしまうことがあるのです。

売却を考えている時期によって、距離が10万キロを超えそうになった時には早めに売るか、長く乗り続けるかを決めることにしましょう。

車売るならここ!一括査定会社紹介

ズバット車買取比較
ズバット車査定150社以上の車買取会社の中から、”10社”へ査定依頼をすることができます。

http://www.zba.jp/

ズバット車査定 車売却
かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイドその特長は、入力して1秒で愛車の概算の”最高額”が分かる簡単見積です。

http://a-satei.com/

かんたん車査定ガイド 車売却
カーセンサー.net
車売却 カーセンサーリクルートが

http://kaitori.carsensor.net/

カーセンサー 車売却

不動車を売る場合

動かなくなった車は売る事ができるのか、できないのか?

事故や故障で動かない車が、売れるかどうかとても気になるものです。

状態や程度にもよりますが、おおむね売ることができます。

例えば、購入して間もなかったものは流通価値が残っている場合があるので、修理してから事故歴のある中古車として販売が可能です。

  • 年式が古い場合でも、人気の高かったスポーツカーなどは同様に売れるわけです。仮に国内で買い手がない場合でも、海外で販売できるケースもあります。完全に動かないものでも、部品や金属素材としての価値があります。

不動車を売る

車がまだ新しいなら、この素材としての価値はより高くなります。このように、動かないからといって価値がないと判断するのはもったいないということです。

実際に買い取ってくれるかどうか、中古販売業者や廃車専門店など、複数の業者に見積もりを出すといいでしょう。

ネットでの見積もりなら、無料で対応してくれる業者も多いので便利です。

なお、しっかり抹消登録をしないと、税金の通知が来るので注意が必要です。手続きを怠ると、まだ使われていると判断されてしまうのです。

オドメーターと走行距離

自動車の走行距離計には、オドメーターとトリップメーターがあります。

一般的にはスピードメーターの中に円筒形の数字表示があり、距離を車査定と走行距離計
計測するものですが、中でもオドメーターはその自動車が完成してから現在までの総走行距離が表示される様になっています。

最近ではデジタル表示の物も多く、エンジン停止時は表示されない車種も多いものです。

車査定に於いては、この数値が非常に重要視されます。車は走るものですが、その年式とオドメーターの数値から、その車がどのくらい過酷に使われたかを推測します。

もちろん長い距離を走ったからといって丁寧にメンテナンスされているものでしたら大丈夫なものが多いのですが、様々な部品などは距離で交換しなければならないものも多いため、車売却の場合に於いては低く見積もられてしまうものなのです。

また、中古車を買う人もこの数値を見て、数値の大きい車は敬遠する人も少なくありません。

その為市場での価値が下がるので、車を売るときの場合にも安く見積もられてしまうものです。

走行距離による査定額の差メーター交換車の場合の査定額など気になる情報をまとめました

▲ページトップに戻る