車を売ると契約したあとでキャンセルはできる?

車査定のキャンセル問題

車を売ることに関して契約をしてしまった後キャンセルできるかどうかはそれぞれの状況によって異なります。

ただ車自体を引き渡していないのであれば、基本的に売ると契約した後であってもキャンセルはできます。

もちろん引き渡し日まで決まっている状態でそれを取り消すということになれば事前に契約の内容を確認し、契約取り消しに際して違約金が請求されるなどのことが書いてないかどうかを確認する必要はあります。

車契約 キャンセル

ですが引き渡しが終わっていないのであればほとんどの場合は契約を取り消すことが出来るとみて良いでしょう。

さて、しかしキャンセルが難しくなってくるケースとして考えなくてはならないのが車の引き渡しが既に完了してしまい、業者側で販売の準備が進んでいる場合です。

車売る キャンセル

こうなってくると業者は既に商品として車を持ってしまっているわけですし、もしそこで商談がすでに始まっているのであれば契約の取り消し自体はできないか、出来たとしてもそれなりの違約金が請求されることになると考えるべきでしょう。

車を売る際には必ずその契約書の内容をしっかり確認し、またなるべくあとで取り消しをするということの無いようによく考えて決断するように心がけてください。

車を売るときのキャンセル問題について紹介しました

▲ページトップに戻る