2016年新車売り上げランキング

新車売り上げ

2016年新車売り上げランキング1月期〜3月期は、首位PRIUS、2位AQUA、3位FIT、4位NOTE、5位SIENTAとなっています。

2016年新車売り上げランキング首位のPRIUSは、1月期〜3月期の新車販売台数は71,480台と2位を20,000台以上を引渡しての1位となっています。

要因としては、2016年12月にニューモデルを投入し、衝突回避支援パッケージや電気式4輪駆動方式、駆動バッテリーの改良等の先進技術がユーザーの購買意欲を盛り上げたと考えられます。

新車売り上げ

2016年新車売り上げランキング2位のアクア:AQUAは、2015年4月〜2016年3月の新車販売台数では192,399台とトヨタ プリウスを36,000台以上引き離して1位です。

AQUA売る

2016年新車売り上げランキング3位フィット(FIT)と4位日産NOTE、5位SIENTAは、それぞれ32,849台、31,819台、31,012台と非常に僅差の新車販売台数となっています。

3の位FITは、3代目としてフルモデルチェンジを2013年9月にしている為、2015年7月にフルモデルチェンジを行った5位のSIENTAに肉薄される結果となっています。

  • 4位のNOTEは、2012年9月にフルモデルチェンジ直後にはノーマルガソリンエンジン車両で新車販売台数8カ月連続の首位の人気車両なので、現在も根強い人気がある様です。
  • 車売るならここ!一括車売却会社紹介

    ズバット車買取比較
    ズバット車査定

    http://www.zba.jp/

    ズバット車査定 車売却
    かんたん車査定ガイド
    かんたん車査定ガイドその特長

    http://a-satei.com/

    かんたん車査定ガイド 車売却
    カーセンサー.net
    車売却 カーセンサー

    http://kaitori.carsensor.net/

    カーセンサー 車売却
    人気車種の特徴

    最近の人気車種の特徴は経済性が高いこと、快適性が高いこと、実用性が高いことが備わっていることが大きな特徴です。

    人気車種 特徴

    ハイブリッドカーがその代表的なものですし、軽が注目されているのもその一つの例といえます。

    車を単に趣味として運転するというだけではなく快適な居住空間して利用することが多くなっているのが最近の特徴です。

    この顕著な例がキャンピングカーの人気が断然高くなっていることでする最近では高齢者の夫婦が定年を迎えて新しい生活スタイルを楽しむ方法の一つとしてキャンピングカーを考えるケースが少なくなくなっていて、これまでの車の使われ方とは違ったライフスタイルに合わせた実用的な車が人気車種となるようになってきました。

    一方で大衆車といわれるようなものも人気車種が多様化してきているのも特徴的です。

    キャンピングカー 売る

    実用的に車が使われるケースでは徹底的な経済観念のもとで経済性というのが大きく重視されるようになりました。

    これが軽の人気を高めることになっているといえます。さらには、税制の後押しもあり軽を考えるという人はかなり多くなったといえるでしょう。安全性も高くなってきたことも人気の要因とも考えられるかもしれません。

    もちろん快適性能も高くなったことはあります。

    車を売って新車購入の足しに

    現在の車を売って新車購入費にしようと考えている人に是非、知っておいていただきたいことがあります。

    新車購入 車売る

    まず、新車を購入する際、下取りとして売った費用をそのまま購入費に充てると考えてはいませんか?

    新車を購入すると、値引きやオプションサービスがあります。

    下取りは購入と同時進行で進み、売却価格を受け取ることなく、追加の費用を払うことになるでしょう。

    この作業をしっかりと切り分けると、売って得たお金に購入資金をプラスするということになります。

    新車購入の際は車によって異なりますが、必ず値引きが入り、オプションサービスなどがあり、下取りがあるか無いかに関わらず、それは実行されるでしょう。

    この行為は一見同じように見えますが、買取価格に大きな差が出ます。

    新車購入 ディーラー

    通常、ディーラーでは、下取りを行った場合、系列の中古車取扱店に査定を依頼し、価格をはじき出します。

    価格は相場に基づいて出されますので、決して高い価格とは言えません。

    ただし、値引きやカスタマイズオプションにてサービスがされれば、合算でお値打ち感が出るため、数字のマジックに掛かります。

    買取専門店いて査定依頼をするとはるかに高値で売却できたというケースもあるため、できるだけ複数の買取店に査定依頼をしましょう。

    車:新車のランキング、2015年からの比較、アクアの査定など気になる最新の動向でした。

    ▲ページトップに戻る